トップ

冷え性を漢方で改善

冷え性のメカニズムとは

冷え性で手足が冷えるメカニズム

季節や気温に関係なく、手足などが常に冷えている状態を「冷え性」と言います。夏なのに冷えている、お風呂に入ってもすぐに冷える、一度冷えてしまったら温まるまで時間がかかる。そんな自覚症状があるなら、冷え性を疑った方が良いでしょう。

本来であれば周囲の気温が下がると、皮膚が感じ取って脳に伝達します。これを受けて脳から体内の各器官に、体温を維持するよう指示を送ります。例えば皮膚なら、毛細血管を収縮させて放熱を防ぎます。同時に体内脂肪をエネルギー源として内臓で血液を温め、全身に行き渡らせます。これが体温を調節するメカニズムです。

冷え性の人は、このメカニズムがうまく働いていません。皮膚の温度を感じる神経が鈍っていたり、自律神経の乱れで体内への命令が十分でなかったり、手足などの末端まで温かい血液が送られていない可能性が考えられます。こうした冷え性は手足に限らず、腰など他の部位で現れることもあるのです。

近年では冷暖房完備の建物が増えて、室内外の温度差が極端になっています。また、年中冷たい飲み物を摂るのも当たり前になりました。こうした生活習慣が皮膚や内臓の感温能力を鈍らせています。

特に女性はホルモンの影響で自律神経が乱れやすく、血液を送るポンプの役割を果たす筋肉の量も男性ほど多くありません。ファッションを優先してサイズの合わないヒールを履くと、足の感覚を鈍らせ血流を滞らせます。その分だけ、女性は冷え性になりやすいのです。

冷え性は手足が冷たいだけでなく、さまざまな不調を招きます。むくみや頭痛、肩こり、疲労感、イライラ、生理不順などです。しかも、こうした不調は病院の検査で現れにくいため、厄介と言えるでしょう。たかが冷え性と侮ってはいけないのです。

Copyright © 冷え性のメカニズムとは. All rights reserved.