トップ / 自分の冷え性のタイプを知ろう

冷え性を漢方で改善

自分の冷え性のタイプを知ろう

冷え性は様々な原因とタイプがある

漢方では、「気」「血」「水」のいずれか、または複数の循環が乱れることで冷え性になると考えられています。治療においては、自分がどのタイプの冷え性なのか知ることが大事です。

例えば「気」の乱れであれば「気滞(きたい)」や「気虚」があり、それぞれ気の流れを改善したり、気を受け取った内臓が力を発揮できるような漢方薬を処方します。同じく「水」であれば「腎虚(じんきょ)」や「水毒」があり、「腎(じん)」の機能を回復して水の循環を改善します。

特に冷え性で多く見られるのが「血」の循環に問題がある「?血」や「気血(きけつ)」です。「?血」は熱を作る力があっても、運動不足による筋力の低下、きつい服や靴の着用による血管の締めつけなどで、温かい血液が手足まで送られない状態です。

「気血」は「血」に加えて「気」の循環も乱れており、手足だけでなく全身でも冷えを感じます。普段から平熱が低くて体の芯から冷え切った状態です。体を温めるエネルギーが不足している上に代謝が落ちているのが原因です。

こうした「血」の乱れは、手足だけでなく骨盤内や下腹部の冷えにもつながります。女性にとっては無視できない症状と言えるでしょう。

自分で市販の漢方薬を選んだり生活習慣を改善する場合は、他の症状から判断します。例えば「?血」なら冷え性のほかに生理の乱れや痛み、肩こりといった症状が現れます。「気血」なら普段から疲れやすく、食が細い傾向が見られます。

同様に「気」の乱れに起因した冷え性であれば、イライラしやすかったり感情の起伏が激しいところがあるかもしれません。「水」であれば、むくみや排泄のトラブル、腰痛が伴うこともあります。ただし、これらは目安の一つでしかありません。冷え性が体の不具合である以上、自己判断よりは漢方の専門家に特定してもらうのが確実で安全です。

Copyright © 冷え性のメカニズムとは. All rights reserved.